“ふじのくに”
先人の偉業と先輩が築き上げてきた伝統



私たちが住む地域に根付いている音楽文化は、長い年月をかけて育まれてきたものです。
作曲家、演奏家、教育者、楽器職人など、“ふじのくに”静岡県の文化史を織りなす先人たちの偉業と、今も音楽に情熱を傾け、熱心に愛好する先輩たちが築き上げてきた伝統をテーマに特集します。


▼ 最新記事
  ♪ 05. 静岡県公立校初の“芸術科”創設への道
      ~清水南高校芸術科創設に至る礎を築いた後藤晃先生の功績~


    → 記事はこちらをご覧ください。
 

写真01.

わが歌はここに
~合唱指導者・佐藤忠夫先生の生涯 ~

 → 記事は こちら をご覧ください。

[取材] 2012年2月26日・佐藤先生宅 (掛川市)

写真02.

トオヤマキネンコンサート開催
~世界と浜松を結ぶ伝統のサウンド~

吹奏楽を通じた
国際文化交流の先駆者
遠山詠一先生の偉大なる功績

  → 記事は こちら をご覧ください。

[取材] 2012年8月3日・浜松市福祉交流センター 会議室


 

写真03.

浜松生まれの楽器“鍵盤ハーモニカ”

~開発者・鈴木萬司会長インタビュー~


 
  ▲“鍵盤ハーモニカ”1号機

 → 記事は こちら をご覧ください。

[取材協力] 株式会社 鈴木楽器製作所


 

写真04. 

浜松バッハ研究会 創立30周年

~創立者・河野周平代表インタビュー~


▲マタイ受難曲公演チラシ

 

  → 記事は こちら をご覧ください。

[取材] 2015年2月27日・浜松市内のレストラン にて

 
 

写真05.

静岡県公立校初の
“芸術科”創設への道

清水南高校芸術科創設に至る
礎を築いた後藤晃先生の功績


 → 記事は こちら をご覧ください。

[取材] 2015年7月12日・富士市内の後藤哲子さんのご自宅 ほかにて
 
 

写真06.

 (今後、随時掲載予定)

 
 
 

写真07.

 (今後、随時掲載予定)